トナーの価格と印刷品質について

レーザープリンターやコピー機、これらの機能を1台に集約した複合機などには印刷やコピーを行う時に使うインクとして粉状のトナーが利用されています。液体インキとは異なり、用紙に粉を噴射して、機構内部のドラムで定着させるなどの仕組みを持っています。 コピー頻度が多い、パソコンで作成した文書や写真などを印刷する頻度が多い場合は、粉状のインキの減り方も早くなる、価格はそれほど安いものではないなどの理由から、コピーはモノクロ専用、カラー印刷する時にはインクジェットプリンターなどの使い分けをしているケースも少なくありません。 しかしながら、純正タイプの場合は値段もそれなりに高額になりますが、リサイクルタイプの製品を利用するとコストは半減するなどからも、リサイクル品を通販店で購入する企業担当者も多くなっています。

品質をチェックした上で利用しましょう

リサイクル品のトナーはカートリッジを回収した後に、新しい粉状のインクをカートリッジに詰めた製品です。純正品が数万円などの場合、半額以下で購入できるため経費節減を目的で利用されている企業も多くなっています。 リサイクル品の場合、単にカートリッジに粉状インクを充填するだけではなく、一旦カートリッジを分解して内部の汚れをきれいに洗浄する、カートリッジには消耗してトラブルが起きるパーツも含まれている事が多いなどからも、消耗部品の交換、カートリッジを利用している時に壊れた部品があれば、それを交換するなど手間や技術が必要になります。 オンラインショップの中には品質を重視しているお店もあるため、こうしたお店を利用する事でリサイクル品を利用してもコピー機などの故障に繋がらないなどの安心感があります。

価格に応じた印刷やコピー品質について

リサイクルトナーは純正品と比べると格安で購入ができる、品質保証を維持しているオンラインショップを使えば故障などのトラブルが少なくなるなどのメリットもあります。 価格が安いため、印刷頻度やコピー頻度が多い会社などは経費を削減する目的で、オンラインショップを選んで品質の高いリサイクル品を購入、継続利用されているケースも多いと言えます。 但し、純正品の粉状インク、リサイクル品の粉状インクは異なるものです。純正品の場合は、メーカーが独自に開発を行った製品の性能をフルに発揮する事ができる粉状インクをカートリッジに充填しているため、カラー印刷などのクォリティーが高くなります。 これに対して、リサイクル品の場合はショップが粉状インクを選んで充填しているなどからも、印刷品質が変わるなどを把握しておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加