周囲の人に健診の受診勧奨をするメリット

健診を毎年受けている方はどれくらいいるでしょう。企業に勤めていれば、毎年決まった期間に会社が実施している健診を受けることができますが、専業主婦や定年退職をした方など、自分で健診の予約をして受診しなければいけない場合、健診を受けること自体が億劫になって、長期間受診していないという方も多くいるのではないでしょうか。また、自分は健康に自信があるからといった理由で、健診を受診しないという方もなかにはいるでしょう。では、健診の受診率を向上させるためには、どのようなことをしていけばいいのでしょう。健診の受診率を向上させるためには、受診勧奨を積極的にしていくことが大切です。では、効果的に受診勧奨をしていく方法には、どのようなものがあるのでしょう。今回は、健診の受診勧奨についてご紹介します。

健診の受診勧奨にはどのような方法がある?

健診をしっかりと受けてもらうためにも、受診勧奨を行うことはとても大切です。では、どのような方法で受診勧奨を行っていけばいいのでしょう。まず、ハガキによる受診勧奨の方法が挙げられます。ハガキのよる受診勧奨は、多くの自治体でも実施されている方法でありますが、ハガキを郵便で送るだけの一方的なアプローチではあるため、それだけで終わらせても健診の受診率向上が高まるわけではありません。そこで、ハガキを送るだけではなく、ほかの受診勧奨も同時に行なっていくと受診率向上に繋がります。ハガキ以外の受診勧奨方法としては、電話をかけて直接受診勧奨を行ったり、ショートメッセージサービスを利用して受診勧奨を行う方法など、さまざまな媒体を使って受診勧奨を行っていくことで、健診への認知を広めていくことができます。

健診の受診勧奨にはコミュニケーションをとることが大切

健診の受診率を向上させるためにはさまざまな受診勧奨方法があり、1つだけを行っていくのではなく多角的にアプローチを行うことで健診の受診率が高まっていきます。そのためにも、ハガキだけで受診勧奨を行うのではなく、直接本人とコンタクトを図ることが大切になってきます。ハガキの場合、自分がどのような健診を受けることができるのか、必要なのかを見ることで知ることができますが、実際に受診するためには手順を踏まなければいけない手間があるため、受診に億劫になってしまうことが増えてしまいます。そこで、電話をかけることで本人とのコミュニケーションが増え、健診の重要性や健康に対する考え方を変えていくことができる可能性が高まります。健診の受診勧奨を行うことは、医療費の削減と健康増進に繋がります。コミュニケーションをしっかりととって、健診の受診率向上を目指していきましょう。