病気の予防から考える健診の受診勧奨

企業では働く社員の健康維持を促進するために、毎年の健康診断を実施しており、受診率は向上しています。企業の中には、働く社員本人だけが対象ではなく、扶養家族の健診まで補助の対象としているところもあります。しかしながら、国民健康保険加入者の健康診断は自分での管理になる為に受診率は低下しています。そこで、国民健康保険加入者の特定健康診査(特定健診)の受診勧奨の為に、それぞれの自治体独自での取り組みがされています。担当の課の職員が自分の担当地域の対象者に直接連絡を入れて、健診の予約や受診を促しています。今までは、対象者に対して郵送にて無料受診券を送るだけでしたが、見落とされる事もあり未受診のままで期限切れになる事も多くありました。有料になる事で益々受診する事がなくなり、受診率の低下を止める事は出来ないままでした。

健康診断を受ける事によって、病気を早期発見出来ます

企業では福利厚生の取り組みの一環として、毎年の健康診断の受診率向上の為に様々なサービスを取り入れています。そして、各自治体でも国民健康保険加入者の特定健診の受診率を向上する為の受診勧奨として、それぞれの自治体の定義を持って取り組みをしています。取り組みをスタートさせた事によって、健診の受診率も向上し、市民1人1人が健康に対する意識も向上しています。多くの自治体で取り入れている方法として、対象の市民に無料受診券を郵送で送るだけではなく、直接電話にて受診勧奨の連絡を入れる事によって、受診の予約を促せる事が可能になりました。指定の病院に行くのが大変な市民の事を考えて、地域にある市民センターを活用して、健診を受診出来るようにしています。その事によって、受診率が向上しています。

健康維持する為に予防医療が大事です

会社勤めをしている人達は、会社の福利厚生などで健康診断を受診して、健康維持を保っている人が大半になります。それとは、逆に国民健康保険加入している人達は、自分で健康診断を受診しなければならない為、自己負担が発生する為に受診を渋る人達が多くいます。国民健康保険加入者を対象とし、自治体では市民の健診の受診勧奨を取り組んでいます。健診を受ける事によって、見落としがちな病気の初期症状で発見し、早期治療する事が出来たり、自分自身の健康状態を知る事によって、日常生活の改善も出来ます。予防医療として、市民それぞれの日常生活習慣の改善や予防接種などにより、病気を未然に防ぐ事も大事です。健診によって、病気が発見したとしても早期治療して重症化を防ぎ、病気の再発防止までを予防する事が目的になります。