トナーを購入するときに見ておきたいメーカー

企業のオフィスでは、プリンターやファックス、複合機等でトナーを利用することになります。また、規模の大きな事務所やオフィスでは、一日に何十枚、何百枚とプリントすることもあり、そうなるとすぐになくなってしまいます。なくなってしまった場合は、交換用の商品を購入する必要があり、企業によってはその金額も大きくなることも多いです。 そして、そこで必要になってくるトナーについてですが、基本的には利用しているプリンターやファックスのメーカーが推奨する商品にすることが好ましいとされています。理由は、他社の商品を利用すると、綺麗に印刷ができなくなってしまったり、サイズが合わないこともあるからです。新しく購入するときには、なるべくメーカーが推奨している商品を利用するようにする必要があります。

安いリサイクル商品を利用する方法

ちなみに、もっと安く商品を購入したいという方は、リサイクル商品を利用する方法もあります。業界ではリサイクルトナーと言われていて、低価格なのに高品質な商品も多いです。メーカー製の商品から、価格重視の格安商品まで揃っているお店もあるので、新しく購入するときにはリサイクル商品もチェックしておくとお得に買えることもあります。 そのほか、お店によってはリサイクルインクやOA機器で利用する消耗品の販売もあるので、オフィスですぐになくなりやすい消耗品はそちらで揃えるのもよい方法です。 ちなみに、中身がなくなってしまったカートリッジはごみとして処分する必要がありますが、企業やオフィスで出るゴミの量は大量になることもあります。そこで販売している会社では、使用済みのカートリッジの回収や返送対応をしてくれるところもあり、サービスを利用すればゴミの処分も楽になります。

ネットで本体を販売している会社

そのほか、最近ではネットでカートリッジ本体を販売している会社も多く、24時間対応で注文ができたり、後払いが可能なところもあったりします。ファックスやプリンターなど、日常的によく利用するOA機械が使えなくなってしまった場合、ビジネス活動が行えなくなってしまうこともあります。ですので、消耗品がなくなってしまう前には、ネット注文を行って予め準備をするのも有効です。 送料無料かつ、当日中に商品を発送してくれるスピーディーな会社もありますので、購入を考えている方はそんなお店も活用するとお得に買えるようになります。当日配送をしてくれる業者なら、注文をしてから翌日に商品を届けてもらうことも可能となりますので、インクなどが切れてプリンターが使えないこともなくなりすぐに使えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加